Skip to content
whole-banner
HOME Whole Crisis Catalog をつくる。|| 青森編 ||

Whole Crisis Catalog をつくる。|| 青森編 ||

どなたでもご参加いただけます

鳥取の汽水空港さんが、2019年7月、参議院議員通常選挙直前に始めた、政治を僕らの手に取り戻す試み『WHOLE CRISIS CATALOG(全人類困りごとカタログ)をつくる』の青森版です。汽水空港モリテツヤさんに許可をいただいて、青森でも始めさせて頂けることになりました。感謝!

ざっくり言うと、みんなの「困りごと」をシェアしたり、しゃべったりする会です。不定期、数名程度の小規模で、長く継続的に開催してまいります。都度、告知を致します。

コンセプトに関して詳しくは、汽水空港さんの記事「(緊急企画!「WHOLE CRISIS CATALOGをつくる vol.1」)」に掲載されておりますが、「困ってることを解決する」のが政治です。そのそれぞれの「困りごと」をカタログにして、届けようという試みがこの『WHOLE CRISIS CATALOGをつくる。』になります。

毎回、投票率は全国最低レベルの青森県。僕らの活動がノックし始めるのはずいぶん先で、それはとてつもなく地道で、長い長い道のりになりそうです。が、それを覚悟して青森でも始めます。この地道な活動によって、政治がじんわりと僕らの手に、指に、温かい感触となって戻ってくれたらなと願います。

理想を立ててから始めるのではなく、まず、ひたすら地道な観察から始めようというモリテツヤさんの活動、姿勢に、僕は多大な影響を受けています。僕がこの法人を立ち上げたのは、これがやりたかったからと言えるかもしれません。

どうぞ、僕らにあなたの「困りごと」を聴かせてください。お待ちしております。

一般社団法人WORKSHOP VO
代表理事 小山田和正

Whole Crisis Catalogに関するモリテツヤさん(汽水空港 )のインタビューなど。

全国各地の「Whole Crisis Catalog をつくる。」

全国各地で発行されているはずですが、僕が持っているのが以下、2冊になります。


Whole Crisis Catalog をつくる。福岡編 vol.1
出版社/啄木鳥社 (2022/4/29)
編集/鳥羽和久

参考書籍

記事:「汽水空港緊急企画! WHOLE CRISIS CATALOGをつくる vol.1」 にて、「Whole Crisis Catalog」は、伝説の雑誌「Whole Earth Catalog」のスピリットを引き継ぎたい旨が記載されております。

Whole Earth Catalog〜『全地球カタログ』1968年に、スチュアート・ブランドによって創刊された。ヒッピー・コミューンを支えるための情報や商品が掲載されていた。創刊号の表紙を飾ったのは、1966年にブランドが起こした運動が功を奏してNASAから発表された、宇宙に浮かぶ地球の写真である。(from wiki

WCC のお知らせ

whole-banner-white

Support our projects

BACKtoTOP