【報告】2023年1月25日「SUBURI STUDIO」開催致しました。

正会員のみ

本日、2023年1月25日(水曜日)19:00〜20:30、正会員によるオンラインミーティング「SUBURI STUDIO(月1回開催)」を開催致しました。

お知らせ(【告知】2023年1月「SUBURI STUDIO」のお知らせ)しておりましたように、今回も先月から引き続き、東畑開人著『居るのはつらいよ〜ケアとセラピーについての覚書』をテキストにおしゃべりをしました。

今日の主なトピックは以下になります。

今回語られたトピック(ファシリテーター:赤石嘉寿貴)

・提供された場所は、アサイラムになっていくのか?
・「エビデンス」と「効率性」はどんな時に求められるのか?
・アジールは「目的」になりえるか?
・ケアとセラピーを「成分」と考える時、それははっきりと分かつことが出来ない。そのバランスを意識し続けることが大事なのではないか?

『居るのはつらいよ〜ケアとセラピーについての覚書』は、本当にさまざまに語りたくなるような内容で、まだまだ話題が出てきそうですが、今回で一旦終わって、次回からはまた新しい本を読んでいきたいと思います。

次回、2023年2月の「SUBURI STUDIO」は、後日告知致します。

Support our projects