【報告】2022年6月25日「SUBURI STUDIO」開催致しました。

正会員のみ

本日、2022年6月25日(土曜日)20:00〜、正会員によるオンラインミーティング「SUBURI STUDIO(6月/月1回開催)」を開催致しました。

お知らせ(【告知】2022年6月「SUBURI STUDIO」のお知らせ)しておりましたように、今回は、『中島岳志著「思いがけず利他」を使った読書会〜利他的であるとはどういうことなのか〜』をテーマに90分ほどおしゃべりをしました。主なトピックは以下になります。

今回語られたトピック(ファシリテーター:赤石嘉寿貴)

・安心と信頼はどう「利他」とつながるのか?
・ペアダンスサルサを踊っている時に「利他」は感じられるのか?
・踊っているのか?踊らされているのか?
・習慣をつみかさねた人だけが「うつわ」となれるのか?
・「聖道の慈悲」と「浄土の慈悲」とは?
・「やってくるもの」を実感できる人と信じることができる人とは?
・ダンスを踊っていて何をやっても許されると感じる時、だれに許されているのか?

次回、7月の「SUBURI STUDIO」の日程は後日告知致します。
今回、結構面白く、多岐にわたる話が展開されていったので、テーマは引き続き『中島岳志著「思いがけず利他」を使った読書会〜利他的であるとはどういうことなのか〜』になります。

Support our projects