Skip to content
わからなくなってきました

ABOUT WOKRKSHOP VO!! について

新しく法人を立ち上げようとする時、その「目的」の設定から逃れることができません。当然ながら、まず「目的」があって、はじめて法人が立ち上がることになっています。僕はその一歩目からつまずいてしまいました。なぜなら、僕は自らが(勝手に)設定する「目的」を定めない法人を立ち上げたかったからです。

2011年3月、東日本大震災以降、僕は10年間にわたり「東日本大震災津波遺児チャリティtovo」というプロジェクトを運営していました。おかげさまでたくさんの心から誇りに思える方々に支えられ、最終的には10,000,000円を超える寄付金をあしなが育英会に贈ることができました。

その経験は、僕の人生において、かけがえのない大切な時間となりました。多様な方との出会い、その1つ1つが学びとなり、その1つ1つが熟考のきっかけとなり、さらには僕の視点はその交わりの中で流れるように変化していきました。そして、その変化によって、僕は僕の行動に対してさえも「問い」を抱くようになりました。

たくさんの方にご支援をいただき、メディアにも取り上げられ、誰の目からみても「良いこと」と認められていく一方で、僕は「本当に良いことをしているのだろうか?」「それは誰にとって?」「良いことを前に、見落としているものがありはしないか?」など、僕自身に対しての「問い」が膨らんでいきました。その揺らぎはコロナ禍の中で、さらに確信的に大きくなっていったように思います。

誰の目から見てもわかりやすいことに、僕はある種の偏りを強く感じるようになりました。ある種の暴力性さえも感じるようになりました。なにかおかしい。だけど、なにがおかしいのだろう。その揺らぎの連続は、僕が永きにわたって意識的に、或いは無意識的に固く信じてきた僕自身の基礎を少しずつ崩し続け、じわじわと迫る不確かさの中で、僕は首を垂れ、体育座りをしました。そして、僕はこう呟きます。

・・・わからなくなってきました。


当法人の定款には「当法人は、出自や所属など個人の背景を問わず、誰もがインプット・アウトプットできる開かれた場を提供することを目的とする。」と明記されています。

しかし、その記載されている「目的」は、僕たちにとっての「手段」になります。集う人がいて、そこははじめて「場」となります。つまり、関わる人によって、空間によって、季節によって、天気によって、時間によって、体調や心の状態によって、その「場」は変化していきます。

その常に変化し続ける「場」の積み重ねから自然に湧き上がってくるもの、それはどんなものか今の僕に想像ができないのですが、それがこの法人の「目的」になります。きっと「目的」は僕たちがわざわざ探さなくても、わからなさを認め、それでもなお、わかろうとする観察と実験と失敗の中で、自然に与えられるものでしょう。僕はそのためにこの法人を立ち上げました。

もし、僕たちと一緒に目的のない散歩を続けてくれる方がいるなら、それはとても幸せなことです。一緒にオロオロ歩いていきましょう。僕たちも、あなたと同じく、よく分かってないのですから。

2022年6月

一般社団法人WORKSHOP VO
代表理事 小山田和正

PROJECT プロジェクト

現在、さまざまゆっくり發酵中です。1つ1つを長い時間軸で考えていますので、進み方はとっても牛のようです。失敗して転んだり、後戻りしたり、落ちこんだりもするので時間かかります。きっと仲間が増えるたびに、歩幅が大きくなったり、できることも増えていくかもしれません。

Support our projects

進行中のプロジェクト
SUBURI STUDIO

正会員のみ

月1回夜開催、正会員限定のオンラインミーティングです。毎回テーマを決めて、学んだり、感じたことをおしゃべりします。そこでの対話から生まれることを、失敗や挫折に向かってアウトプットしていけたらなと思っています。SUBURI STUDIO は、当法人の根っこの部分になるでしょう。
※テーマによっては、「サポーター会員」もお誘いすることもあるかもしれません。

詳しくは こちら(SUBURI STUDIO について)から。

DEATH CAFE VO!!

どなたでもご参加いただけます

不定期開催の「デスカフェ」です。ふだんあまり話すことのない「死」について、おしゃべりをします。少人数制の対面、クローズドの場。映画「ファイトクラブ」で言うところのルールその1「決して口外するな」遵守になります。こちらからの告知はありません。あなたの参加希望の申し込み(いつでも受付しております)があってはじめて、デスカフェ開催へ動き出し、希望者が3名ほど揃った時点で、スケジュール調整がはじまります。まずは参加希望の旨をお知らせください。

詳しくは こちら(DEATH CAFE VO!!について)から。

ボ・シネマ

どなたでもご参加いただけます

不定期開催の映画上映会です。映画上映後に、その映画や、含むテーマについておしゃべりをする場を設けます。少人数制の映画とおしゃべりがセットの上映会です。ドキュメンタリー中心になると思います。

詳しくは こちら(ボ・シネマ について)から。

Whole Crisis Catalog をつくる。|| 青森編 ||

どなたでもご参加いただけます

鳥取の汽水空港さんが、2019年7月、参議院議員選挙直前に始めた、政治を僕らの手に取り戻す試み『WHOLE CRISIS CATALOG(全人類困りごとカタログ)をつくる。』の青森版です。汽水空港モリテツヤさんに許可をいただいて、青森でも始めさせて頂けることになりました。感謝!

ざっくり言うとみんなの、「困りごと」をシェアしたり、しゃべったりする会です。不定期、数名程度の小規模で、長く継続的に開催してまいります。都度、告知を致します。

詳しくは こちら(Whole Crisis Catalog をつくる。|| 青森編 || について)から。

Support our projects

その他、じわじわ發酵中のプロジェクト

SUBRI STUDIOでの対話、学び、気づきから浮かび上がってきたものを、發酵させてから、アプトプットしていくスタイルです。少し時間がかかります。

ちんとぼ
ちんとぼ

東日本大震災津波遺児チャリティtovoの最終年に毎月配信(全11回)しておりましたYouTubeチャンネル「ちんとぼ」も再構築。1年に1本くらいのドキュメンタリーとしてお届けする予定です。

WORKSHOP VO!!

さ迷う

石を売る

MAGAZINE マガジン

不定期、月1回程度更新のウェブ連載記事。
「サルサソース」は、コロナ禍を機に、それまでのサルサを教える道から外れ、農業を勉強しはじめた赤石嘉寿貴(当法人理事)が、現在お世話になっている福津農園(愛知県新城市)での日々を記録します。
「史(ふひと)なる日々。」は、就職以来同じ会社に20年来勤め続けている平凡な一市民の前田史子(当法人理事)が、日々発生するちょっとした「引っ掛かり」を言語化します。
「ちゃんとしたかったのにできなかった」は、小山田和正(当法人代表理事)が、活動のこと、それを通して感じたこと、考えていること、あるいはアウトプットの前の前、そのまた前の、まだ手の届かないゴニョゴニョを優柔不断に綴ります。

BACKtoTOP